アール・ヌーボー

2009年04月12日

現在、進めている設計のイメージをかためるため
購入した本です。

アール・ヌーボー
私自身、茶室や数奇屋などの建築が好きで、
どちらかというと、設計する建物も
装飾をなくし、無駄を省き、シンプルな空間が多かったんです。

今回は、商材がヨーロッパの商品で、しかも
職人さんがひとつひとつ手作りでつくられているものを
扱うお店なんです。

イメージの切り口のひとつとして
このアール・ヌーボーがあると思ったんです。

本のなかには、ガウディの作品もあるんですが、
サグラダ・ファミリアなどは、100年かかっても
まだ完成していないんですよね。
恐れ入りますface02

カメラマンからの視点で撮られたアール・ヌーボーの
表情がとてもいいです。

ヨーロッパのアール・ヌーボー建築を巡る
―19世紀末から20世紀初頭の装飾芸術 (角川SSC新書カラー版)




千建築設計 福岡で、木の家、木のリノベーションをすすめている設計事務所。 あなたの【こだわりのすまい】をデザインする会社です。
同じカテゴリー(本の紹介)の記事画像
ふるさと納税
小屋
里山資本主義
8つの成長戦略
小屋から家へ
無暖房・無冷房・無結露究極断熱の家をつくる
同じカテゴリー(本の紹介)の記事
 ふるさと納税 (2014-06-03 16:07)
 小屋 (2014-06-02 17:22)
 里山資本主義 (2014-04-23 09:43)
 8つの成長戦略 (2013-07-01 11:55)
 小屋から家へ (2013-06-12 18:43)
 無暖房・無冷房・無結露究極断熱の家をつくる (2013-06-11 12:16)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。