スポンサーサイト

上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。 

Posted by スポンサー広告 at

はも鍋

2009年09月19日

先日、ホテルクリオコート聚美苑という茶室にて

お食事をいただきました。




はも鍋です。

この『はも』をおいしいと感じるようになった

自分が大人(おじさん??)になったことを実感しますface02


この『はも』京都料理として有名なんですが、

実は、九州が発祥らしいんですね。


大分中津市。

以下、Wikより

大分県中津市の行商人などが京都へ食文化を伝えたとも言われており、
「骨切り」技術の発祥地である中津市の料理人が伝え現在につながっている。


昨年、中津に行って『はも』をいただきたときにも

そこの職人さんが、同じようなことを言っておられました。

参考記事 ⇒ 中津に行ってきました


A専務、貴重なお話とお食事ありがとうございました。


ホテルクリオコートのホームページはこちらから

聚美苑(しゅうびえん)の茶室は、神谷宗湛と細川三斉、
二人の茶境を復原したもので、時代考証にのっとった格式高いお席です。
そして、京普請の伝統を生かした本格的数寄屋造り、
書院造りの和室は、大小九室。
茶事の折は、これらのお席を、その会の趣旨に合わせてご自由にご利用いただけます。
茶事はなさらなくても、茶懐石を気軽に楽しみたい方々のためには、
風雅なお時間を目と舌で堪能していただけます。
 


Posted by kenji at 10:38Comments(5)うまかもん