木のいのち木のこころ

2012年11月07日

木の建物を考える時、

まっさきに思い浮かぶのは、

西岡常一棟梁のことです。



自分では気付いていなかったんですが、

九州の森林を見てまわるようになったのも

きっと、棟梁の言葉の影響が大きかったような気がします。


正確に覚えてるわけではないですが、

「千年かけて育った木は、千年持つ建物をつくる」

とか

「木をみるのは、その育った山をみることだ」

ということは、今でも忘れていない言葉なんですよね。


今、読み直すときっと違った気付きを

得るかもしれませんね。face02






千建築設計 福岡で、木の家、木のリノベーションをすすめている設計事務所。 あなたの【こだわりのすまい】をデザインする会社です。
同じカテゴリー(本の紹介)の記事画像
ふるさと納税
小屋
里山資本主義
8つの成長戦略
小屋から家へ
無暖房・無冷房・無結露究極断熱の家をつくる
同じカテゴリー(本の紹介)の記事
 ふるさと納税 (2014-06-03 16:07)
 小屋 (2014-06-02 17:22)
 里山資本主義 (2014-04-23 09:43)
 8つの成長戦略 (2013-07-01 11:55)
 小屋から家へ (2013-06-12 18:43)
 無暖房・無冷房・無結露究極断熱の家をつくる (2013-06-11 12:16)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。