水切り

2010年12月13日

雨ですね~。

雨の日には、雨の日にわかることがあります。



外壁を伝ってきた雨は、その壁がきれるところで

雫となって下に落ちてきます。


この外壁が切れることろには、

水切りを設けます。


この水切りを設けることで、

その下の壁を汚れにくく、

または、天井の部分に汚れがいかないように

防ぐ役割もします。


ちょっとした工夫で、

建物を長く持たせようとした

先人たちの知恵です。



千建築設計 福岡で、木の家、木のリノベーションをすすめている設計事務所。 あなたの【こだわりのすまい】をデザインする会社です。
同じカテゴリー(建築)の記事画像
低炭素住宅
お客様訪問
遮熱
解体
サンワカンパニー
門扉
同じカテゴリー(建築)の記事
 低炭素住宅 (2015-03-19 13:49)
 お客様訪問 (2015-03-13 20:01)
 遮熱 (2015-03-11 10:45)
 解体 (2015-03-05 19:36)
 サンワカンパニー (2015-02-25 08:30)
 門扉 (2014-12-16 16:32)

◆ この記事へのコメント
大変勉強になります。専門家から見る力を養わないといけませんよね。
お客様のリスクを見る専門家としてはもっと修練しないといけないと思いました。
Posted by リバーサイド at 2010年12月14日 06:09
いつもコメントありがとうございます。

ほんとうにそうですね。

世の中の変化のスピードも

相当早くなっているようですし、

修練必要ですね。
Posted by kenjikenji at 2010年12月14日 09:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。