公団住宅

2010年09月28日

今度リフォームする現場です。



戦後、焼け野原になった日本の課題は、
住むところを確保するということ。

食寝分離(※食べるところと寝るところを分けるという考え)
という考え方がでて、食堂と寝室がある
この公団型の間取りは、またたく間に
日本全国に広がりました。

今、その住宅の多くが、解体再生するのか
それとも今のままを利用してリノベーションするのか
大きな転換点にきているといいます。

今回は、1住戸のリフォームですが、
実際の仕事を通して、私なりの回答を
出してみたいと思っています。



千建築設計 福岡で、木の家、木のリノベーションをすすめている設計事務所。 あなたの【こだわりのすまい】をデザインする会社です。
同じカテゴリー(建築)の記事画像
低炭素住宅
お客様訪問
遮熱
解体
サンワカンパニー
門扉
同じカテゴリー(建築)の記事
 低炭素住宅 (2015-03-19 13:49)
 お客様訪問 (2015-03-13 20:01)
 遮熱 (2015-03-11 10:45)
 解体 (2015-03-05 19:36)
 サンワカンパニー (2015-02-25 08:30)
 門扉 (2014-12-16 16:32)

◆ この記事へのコメント
すばらしい作品ですね。
Posted by リバーサイド at 2010年10月01日 06:27
あっ、この物件今から設計なんです(^^;)

がんばります☆
Posted by kenjikenji at 2010年10月01日 10:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。