禅語 主人公 

2010年04月19日

今月の茶室にかかっている掛軸。



『主人公』

茶道は禅との関わりが深く、
掛軸も禅語がよく使われています。

意味は、臨済禅 黄檗禅 の公式サイトより

ここでいう主人公とは、家庭の主人のことではありません。
もちろん、会社の社長でもない。人間一人ひとりの主体的な人格のことです。
私たちは、本当の自分というものをとかく見失いがちです。
とくに今日、私たちをとりまく環境からくる刺戟はたいへんなもので、
外のものに目を奪われている間に、自己を喪失しやすくなっています。
そこで、いつも主体的な自分というものを、はっきりと自覚していなければなりません。
「おい、主人公、目を覚ましているか」とみずからを覚醒しなければならない。



お~い、主人公。目を覚ましているか?
花月まで後1ヶ月きったぞ。

icon10



千建築設計 福岡で、木の家、木のリノベーションをすすめている設計事務所。 あなたの【こだわりのすまい】をデザインする会社です。
同じカテゴリー(茶道)の記事画像
今日の掛軸
勺底一残水
今月の掛軸
一華開五葉
今月の掛軸
本日の掛軸
同じカテゴリー(茶道)の記事
 今日の掛軸 (2015-06-12 15:07)
 勺底一残水 (2013-08-23 13:52)
 今月の掛軸 (2013-05-09 13:41)
 一華開五葉 (2013-04-12 10:26)
 今月の掛軸 (2013-04-01 13:49)
 本日の掛軸 (2013-03-07 09:31)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。