茶道の道具

2009年01月29日

昨日の茶道教室の掛軸は、
大宗匠(前のお家元で千宗室さん)の書かれた掛軸だったんですが、
写真に撮るのを忘れていましたface13
先生が年初めなのでということで持ってこられてました。

お茶には、いろいろな道具を使います。

 ↑ 水指し



この他にも、茶杓、なつめ、建水、茶わん、風炉、びんかけなど
さまざまな道具があり、それぞれに歴史と「いわれ」があるんです。



千建築設計 福岡で、木の家、木のリノベーションをすすめている設計事務所。 あなたの【こだわりのすまい】をデザインする会社です。
同じカテゴリー(茶道)の記事画像
今日の掛軸
勺底一残水
今月の掛軸
一華開五葉
今月の掛軸
本日の掛軸
同じカテゴリー(茶道)の記事
 今日の掛軸 (2015-06-12 15:07)
 勺底一残水 (2013-08-23 13:52)
 今月の掛軸 (2013-05-09 13:41)
 一華開五葉 (2013-04-12 10:26)
 今月の掛軸 (2013-04-01 13:49)
 本日の掛軸 (2013-03-07 09:31)

◆ この記事へのコメント
日本人として、一度も体験してないってのは、まずい気がしてきました。。
機会があれば、挑戦してみたいものです。
Posted by たろー at 2009年01月30日 01:30
稽古の時間は仕事のことはなにも考えず(ここがよかったりする)
おいしいお茶をたてることに集中する。
なかなか、いいものです。
という私は、まだまだ、お茶をたてるところまではいってませんが・・・(^_^;)

毎週水曜日、弊社となりでやってま~す。
Posted by kenji at 2009年01月30日 04:56
■【一服どうぞ】裏千家前家元・千玄室-忙しいときほど必要な一服?
こんにちは。お茶いいですね。やはり、心が癒されます。私自身は、すっかり最近はお茶のことなど忘れていましたが、お茶でも一服して明日の活力にしたいです。最近の世の中、すっかり、日本のことを忘れて、北米市場にばかり力を入れていた、トヨタ自動車などの企業が苦戦を強いられていますね。NTTのようなに国内市場に力を入れてきたところは、業績が良くなっているところも多いです。また、街のケーキ屋さんなど、昨年の暮れは大繁盛でした。いわゆる日本の「かわいい系」ファッションはとどまる勢いを知りません。まるで、金融危機などなかったかのようです。やはり、目の前のお客に顔を向けて商売をするということが、商売の基本なのだと思います。そんな中で、私たちは日本人なのですから、お茶など「和心」を大切にするというものの考え方から新しい日本の方向性を打ち出すことができるのではないかと思います。それに、お茶などで落ち着きを取り戻すことが今の日本では重要なことなのだと思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。
Posted by yutakarlson at 2009年02月09日 14:29
コメントありがとうございます。
『「和心」を大切にする』っていい言葉ですね。
Posted by kenjikenji at 2009年02月09日 18:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。