マンションの理事長

2008年09月12日



先日、マンションの管理組合の理事の引継ぎが行われました。
1年間理事長をやらせていただいたんですが、
いろいろ気づくことがありました。

築20年近くになるマンションなので、
いろいろな部分にガタがきています。

7年ほど前に大規模修繕をやっていたのですが、
それでも次々に不具合がでてくる。


鉄部のさび


雨漏り


ポンプの故障


セキュリティーの強化


ELVの異常



などなど



さいわい理解ある住人の方が多いことと
歴代の理事の方々がしっかりと運営されていることで
これでも他と比べるとしっかりとした建物であるということを
出入りする業者さんや周りのひとからいわれます。


理事をして思ったのは、住民同士のコミュニケーションが
大事
であるということです。

その関係がよくないと建物もよくならない。

当たり前のことなのですが、一番難しい問題です。






千建築設計 福岡で、木の家、木のリノベーションをすすめている設計事務所。 あなたの【こだわりのすまい】をデザインする会社です。
同じカテゴリー(建築)の記事画像
低炭素住宅
お客様訪問
遮熱
解体
サンワカンパニー
門扉
同じカテゴリー(建築)の記事
 低炭素住宅 (2015-03-19 13:49)
 お客様訪問 (2015-03-13 20:01)
 遮熱 (2015-03-11 10:45)
 解体 (2015-03-05 19:36)
 サンワカンパニー (2015-02-25 08:30)
 門扉 (2014-12-16 16:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。