Posted by at

島の森と生きる

2011年03月18日

九州森林フォーラムが5月にあります。



屋久島での開催になっています。


屋久島は、1993年世界自然遺産に登録されました。

最近では、年間40万人もの観光客が訪れる島になっています。

島人たちが、今まで守り続けていた森との関係も

今では、少しづつ変化しているようです。

登山道周辺の自然破壊やゴミ処理、山岳トイレの不足と

生活用水汚染の懸念など問題がでてきているのだそうです。


九州の山といっても、その地域ごとに

状況が違い、それぞれにかかえている問題も

違っているんですよね。


面白そうなフォーラムです。
 


Posted by kenji at 12:01Comments(0)建築