Posted by at

整理・整頓

2010年02月17日

部屋を写真に撮ってみるとわかることがあります。




日頃は気づかなかったものが、
客観的、冷静に見えます。

リフォームの前などは、必ず全体の写真を
撮っておきます。
現場で感じたことと合わせて、後で見直して
設計の参考にします。


これは、部屋の整理・整頓のときにも
役に立ちます。face02

日常の生活では、気づかない
雑多なものや不必要なものが客観的に見えてきます。


お掃除や模様替えの時、一度、試してみられては?

 


Posted by kenji at 10:59Comments(0)建築