スポンサーサイト

 

Posted by スポンサー広告 at

竹熊宜孝さんの本

2008年12月04日



2日間ほどお腹の調子が悪くて、
なにも食べれない状態が続いていました。

そのとき、思い出したのが、竹熊宜孝さん。

ご存知の方も多いと思います。
菊池養生園診療所の名誉園長で、
「医は農に、農は自然に学べ」とモットーに
「医・食・農」一致の理念で地球の養生を説いておられます。

1年前ぐらいの講演会でお話をうかがっていました。

「食わぬ養生会」という大晦日の夕方から正月の
二日までの断食の集いの話もありました。


病気により、日頃のなんてことはない
幸せを感じさせていただきました。

いのち一番 (竹熊宜孝聞書)




 


Posted by kenji at 11:51Comments(0)本の紹介