Posted by at

ただ今緑☆増殖中♪

2008年06月30日

舞鶴いり江ビルの緑、増殖中です。


写真は、2階の花台に置いた「ロウバイ」です。
その名のごとくロウ細工のような鮮黄色の花を、
枝分かれした小枝いっぱいに咲かせます。

また、強い香りも特徴のひとつ。
優美な芳香をあたり一面に放ちます。

お茶花として、切花にもつかいます。

開花時期は、12月中旬から2月ごろ


となりは、紫陽花でしたが、今年は、花が
つきませんでした。

来年は、楽しみです。。 


Posted by kenji at 10:17Comments(0)事務所紹介

気になるお店

2008年06月29日


赤坂門市場のなかに
気になるお店があります。

ラーメン屋さん

たぶん最近できたのかな?



一度、行ってみたいと思っているんです。


 


Posted by kenji at 10:17Comments(2)福岡よかとこ

食パンマン

2008年06月28日

いつもは、食パン半分しかたべない娘が、
今朝は、1枚食べるという。

なにやらゴソゴソしていた。
何しているのかと覗き込んでみると

こんなものができていた。
  ↓ ↓

題して、食パンマン。

目はイチゴジャム、鼻は、ブルーベリー
口は、今はとても高価なバター。

思わず、噴出してしまった。 


Posted by kenji at 14:13Comments(2)家族

進藤一馬書

2008年06月27日





西公園の入り口の石碑です。
ここに 進藤一馬書とあります。

最近、玄洋社のことを調べてて、
わかったことなんですが、
進藤さんは、元福岡市長で、
玄洋社の草創期を支えた中心人物の
進藤喜平太さんの四男にあたります。

かすかな記憶では、祖父の家にも書が
あったような気がします。

このほかにも、福岡には、
石碑に進藤さんの書が多数みうけられます。


これは、廣田弘毅像の横の石碑です。
このほかにもまだあります。

あなたは、何箇所ぐらいご存知ですかicon66


  ↑西公園入り口


  ↑廣田弘毅像 


Posted by kenji at 10:32Comments(4)福岡よかとこ

飯田屋敷の大銀杏

2008年06月26日



飯田屋敷の大銀杏

飯田太郎左衛門の屋敷。先祖の覚兵衛は、熊本の加藤清正の家臣で、
加藤氏が改易になり、その子が黒田氏に召し抱えられた。
屋敷には、大きな銀杏の木があり、「飯田屋敷の大銀杏」と呼ばれていた。

そういえば、熊本城にも、たくさんの銀杏がなっています。
(銀杏の実が、篭城のときの食料になるとのこと)

なんか、つながりがあるんですね。

大正のころ、ここに筑豊の炭鉱で財をなした中富徳次郎の豪邸が完成し、
「銀杏屋敷」と呼ばれいていた。

天神町にあった炭鉱王伊藤伝右衛門の「銅御殿」(あかがねごてん)
とともに人々の目を驚かせた。

  古地図の中の 福岡・博多 海鳥社より

 


Posted by kenji at 13:52Comments(0)福岡よかとこ

父の哲学

2008年06月25日

「父見捨て 子供プレステ 母エステ」

「このオレに あたたかいのは 便座だけ」

「帰りたい 我が家ではなく あの頃に」

「年収は ゴジラ松井の 一打席」



       サラリーマン川柳より


父の威厳がなくなって久しい。


子供をもつようになって、つい手にした本です。


  ↑父の哲学 渡部昇一著



この本は、別に昔のような頑固親父になれ
と言っているのではなく、

こどもたちに、模範となる父たれ!
父の背中をみてこどもは育つのだから。

ということいっていて、自分自身たいへん身にしみました。


実は、父の威厳がなくなった期間は、
長い歴史からみると短いんです。

戦後から現在にいたる60数年ぐらい。

戦前は、個人相続ではなく、家督相続だったため
家を守るため家長である「父」のもとに家族全員が結集していた。
「家」における「父」の威厳や権威は動かしがたいものだったそうです。

私自身、渡部さんの提案されている、
相続法を見直してもいい時期にきたのではないかと感じます。
(個人相続から家督相続へ。父を尊重し家族がいっしょに住むことで、
親の面倒を子供がみるという年金の対策にもなりますし。。。)

これは、女性をないがしろにするということではなく、
祖父母も父も母も協力して子供の成長を見ていくということ。

家づくりにたずさわるものとしてもそういう仕組みづくりが
必要な時期に来ているのではと思っています。



『子供の一生』の責任は負えませんので、

『子供の成長』に責任をもてる親でありたいと思います。


詳しくは →  父の哲学 著者:渡部昇一 幻冬社 


 


Posted by kenji at 11:46Comments(0)本の紹介

巨大なお城?教会??

2008年06月24日

マリノアの駐車場の先に
建設中の建物があります。

  ↓ ↓


形状からお城?教会??

塔の先端には、展望台のような
場所が設置されそうです。

かなり贅沢なつくりになっています。

完成したら、一度、塔の先端まで上ってみたいものです。

 


Posted by kenji at 10:18Comments(2)福岡よかとこ

病気にならない生き方3 

2008年06月23日

病気にならない生き方3 ~若返り編



ベストセラーです。私も1,2とも読みました。
今でも本の紹介されたことのひとつを実践しています。


それは、水をこまめに飲むこと


これをやり始めて、一年以上たちます。
その時、なんとか還元水(?)も購入しました。
(高額なものだったので、相当悩みましたが。。。)

今、結構、調子がいいです。
食べている割には、体重が減ってきています。
肌のつやもはりもでたように思います。
(男なんであまり気にしませんが。。。)

年金もどうなるか分からない現状で、
自分の体は、自分で守る。
病気にならないような工夫をする。

今度は、肉食から野菜中心にシフトしていくことを
心がけたいと思っています。


本より

七つの健康法

1.正しい食事
2.よい水
3.正しい排泄
4.正しい呼吸
5.適度な運動
6.上手な休息・睡眠
7.笑いと幸福感


七つをすべて行うことが重要。
でも、どこから手をつけるかは、
「食事と水から改める」
事がよいのだそうです。

病気にならない生き方 3 若返り編 (3)


 


Posted by kenji at 10:18Comments(2)本の紹介

☆紫陽花いろいろ☆

2008年06月22日

紫陽花っていろいろ種類があるんですね。





今まで気がつきませんでした。
まだまだ、知らないことがたくさんあります。 


Posted by kenji at 10:03Comments(2)

けむしに。。。

2008年06月21日

とてもかゆいんですicon67

写真の状態が、腕、おなか、背中などにできてます。



あまりのかゆさに病院にいってきました。
お酒icon142の飲みすぎか?(今週は、連続で飲んでましたので。。。)と
思っていたのですが、違いました。

診療室に入り、患部を見せようとシャツの袖を
まくり上げようと袖口をたくしあげた瞬間に、

先生からそれは、「毛虫ですね

のひとこと。


診察が終わるまでの時間は、3分程度。
もうちょっと見て欲しいなと感じはしたけれど
的確な原因の把握と対処の迅速さに
プロの仕事の一端を見た気になり、感心しました。

そのけむし、桃の木やつつじなどにつく毛虫だそうで、
思い当たるのは、自宅にある桃の木。
これが、子供たちではないことに安堵。

雨の降った後などによく患者さんが来るそうで、
今年は、多くでているようです。

皆様もお気をつけください。 


Posted by kenji at 09:49Comments(0)家族

おかげさまで1周年♪

2008年06月20日

おかげさまで、舞鶴いり江ビル 1周年!!



舞鶴いり江ビルは、私が、独立してはじめて設計したビルで、
竣工してからもう1年がたちます。
月日のたつのは早いものです。。。。

感謝の気持ちを込めて、1階店舗のいり江豊香園では、
6/16~28まで手作りの抹茶杏仁を、無料にて、お出ししております。

ぜひ、休憩がてら、お茶のみがてら、お越しください。
ちゃっきり娘(!?)が応対いたします♪

詳しくは、いり江豊香園のホームページにて
  ↓↓↓
 こちらです

千建築設計の事務所は、2階にあります。 


Posted by kenji at 11:04Comments(2)事務所紹介

オーロラを見に行こう♪

2008年06月19日

所属する会の例会に行ってきました。
SEASON福岡オフィスの田中さんの会社訪問。



オーダーメイドの旅を通じてお客様に感動していただくという理念のもと、
旅にでる前に言葉の勉強会を開いたり、食事のマナーや服装などのアドバイス、
役に立つさまざまなセミナーやワークショップを開いたりするなど、
お客様に感動していただくためのいろいろな試みをされておられます。

オーロラの勉強会など開いて、実際に現地で見てみる。

ワインやチーズを楽しみ、実際に畑や工場まで行ってみる。

旅には、夢があります。

行って感動すれば、また来ようと思います。


意見交換のときには、厳しい指摘がでました。

(みんな、他人のことは、よく見えるんですface12。)

みんな会社の経営者の発言だけに、

私自身にも身にしみる意見が、数多くありました。


経営は、『右手に理念、左手にソロバン』のバランスが大事なのだ

ということを再認識しました。


田中さん、ありがとうございました。

SEASON福岡オフィスさんのホームページは → こちら

 


Posted by kenji at 10:58Comments(0)一期一会

不都合な真実

2008年06月18日


↑アル・ゴア 元アメリカ副大統領著
 『不都合な真実』より



【あなたにも、すぐできる10の事】

1.省エネルギー型の電化製品や電球に交換しましょう。

2.停車中は、エンジンを切り、エコドライブしましょう。

3.リサイクル製品を積極的に、利用しましょう。

4.タイヤの空気圧をチェックしましょう。
  車の燃費基準を上げれば、無駄なエネルギー消費を防げます。

5.こまめに蛇口をしめましょう。
  水道の送水に使用されるエネルギーを削減することができます。

6.過剰包装、レジ袋を断りましょう。買い物は、リサイクル・エコ・バックを使いましょう。

7.エアコンの設定温度を変えて、冷暖房のエネルギーを削減しましょう。

8.たくさんの木を植えましょう。
  1本の木は、その生育中に1t以上の二酸化炭素を吸収することができます。

9.環境危機について、もっと学びましょう。そして学んだ知識を行動に移しましょう。
  子供たちは、地球を壊さないで、と両親にいいましょう。

10.映画『不都合な真実』を見て地球の危機について知り、友に勧めましょう。




そして、自分の仕事ですぐにできることは、

自然の光や風を取り入れられるプランづくりを心がけよう

です。 


Posted by kenji at 10:17Comments(0)本の紹介

ぶらり福岡の街

2008年06月17日



『ぶらり福岡の街
●中村洋一葦ペン・スケッチ集

建物の設計をやっていると
時々その建物をつくることに集中してしまい
街のなかの景観の一部であることを
忘れてしまうことがあるんです。

この本は、そんな自分に
まわりにもちょっとは、気を配ろうよ。
と気づかせてくれます。

今はなくなった福岡の懐かしい風景も
中村先生の目を通したかたちで残っています。

優しく温かな本です。

中村洋一さんのホームページは→こちら
 


Posted by kenji at 10:05Comments(0)本の紹介

中田宏さん講演会

2008年06月16日



横浜市長の中田宏さんの講演会に行ってきました。
中田さんは、サラリーマンの父親の影響で、各地を転々とされ、
福岡にも1年間住んでいたことがあるとか。(長住あたり)

テレビでもよく見かける中田さん。市政のほうも積極的に取組んでおられ
さまざまな反対や圧力があるなか改革をやっておられます。
福祉、教育、ゴミの問題、財政赤字の問題など、横浜がモデルケースに
なれるように取組んでいて、そのことを他の自治体にも発信している。

おもしろいアイデアだと思ったのは、中田さんが福岡市長だったら
福岡の屋台文化をもっと広めていく
屋台を一代限りで終わらせるのではなく、もっと多くの人に開放し、参加してもらう。
街に屋台専用の公衆トイレを設けるなどして、お客様への対応も完備する。
さしみなどの生ものも、特区地区など設けて、衛生上問題がないように設備も整える。
そして、市は、場所代をいただき、財政をうるおす。(赤字の補填分とする)

最近、福岡の屋台の数も減少しているとのこと。
福岡の文化として、消してはいけないし、参加したい人には、開放するべきだと思います。

中田さんの話を聞き、信念を貫く強さと、柔軟な発想力を見習わなければ。。。と感じます。

感謝!!

万緑の会主催、都久志会館にて 


Posted by kenji at 09:46Comments(2)一期一会

雨にぬれた紫陽花

2008年06月15日


Posted by kenji at 11:19Comments(0)

福岡なるほど図鑑

2008年06月14日



1994年発行、今は、市場に出ていない本です。
プランニング秀巧社発行で、『シティ情報ふくおか』に連載されていたものを
まとめられたものです。
福岡・博多の歴史、なりたち、産業のことなど詳しく書いてあります。

この本の挿絵をかかれているのが、私の絵の先生である中村洋一さんで、
どうしても欲しくて、本屋さんに探してもらったり、発行元に電話でたずねたり
したのですが、1冊も残っていないとのこと。

だめもとでネットで探してみたら福岡在住の方が売りにだしておられたので
迷わず購入しました。ネットでものを購入したのはこれが初めてでした。

いろいろ「へえ~」というようなことが書かれてあります。
そのうちのひとつを紹介すると

ベイサイドプレイス博多埠頭のシンボル的存在の博多ポートタワー
実は、できた当時、展望台は、10分に一周する回転展望台だったそうです。
現在もレールだけは残っているそうなので一度確かめてみては。。。
 


Posted by kenji at 10:17Comments(2)本の紹介

今日の掛軸

2008年06月13日



今日の掛軸。 


Posted by kenji at 09:21Comments(0)茶道

今日の茶花

2008年06月13日



今日の茶花です。 


Posted by kenji at 09:19Comments(0)茶道

末廣香織さん(建築家)

2008年06月12日

末廣香織さんの講演会に行ってきました。

末廣さんは、新進気鋭の建築家で、作品も雑誌に頻繁に取り上げられ、
2005年からは、九州大学人間環境学研究院准教授もつとめておられます。
私の大学の先輩でもあり、最近退官された恩師を通じてよく話を聞いていて
初めてお会いするにもかかわらず、昔からよく知っている人の話を聞くような気がしました。

『個性ある場所たちをつくりたい』という題にて、
IT関連の機械(パソコン、携帯など)が小型化し、さらに最近では機能の複合化がすすんでいる。
建築にもその流れがきており、ひとつの建物で、さまざまな機能を要求される。

いままで、機能主義で建てられたものが、コンディション主義(それぞれの場所に個性ある状況を与えてつなぐ)
にかわりつつある。

空調、設備なども日々進化しており、結局は、近代以前の素朴な建築に戻っているのではないか。

。。。というものでした。

私自身の最近、やっている建物の形態をみても、なんとなく感じていたことが納得でき、考え方が整理できる
とてもいい機会が得られました。

やはり、外にでて、人の話を聞くことは、大いに刺激を受け自分自身のやる気をさらに高めます。

↑もうすぐ移転する九州大学(六本松)


末廣さん、本当にありがとうございました。
 


Posted by kenji at 10:27Comments(0)一期一会